react-starter-kitでReactを体験する

主題のとおり、Facebook産のUI用のJavaScriptライブラリであるReactのスターターキットを試してみました。

1. Nodeをインストールする

すでにインストール済みなら必要ありません。
していないなら、以下の公式サイトからダウンロードしてインストールします。

Node.js

 

なお、筆者としてはScoopで「scoop install nodejs」でインストールすることをおすすめしておきます。

kenteiblog.hatenablog.com

2. react-starter-kitを取得する

Gitで取得する。

github.com

3. 起動する

取得したフォルダの直下に移動し、以下のコマンドを順にたたきます。

npm i
npm start

これでなんかいろいろと流れ出して、最後に勝手にブラウザが開きます。(デフォルトはhttp://localhost:3000のはず)

そうすると下みたいページが表示されます。

f:id:kentei0715:20171108200148p:plain

 

 

以上です。

2017/11/13 賢帝俊来