IPA(2018/2/2) Adobe Flash Player の脆弱性対策について(APSA18-01)(CVE-2018-4878)

2018/2/7追記

更新プログラムが公表されたようです。(2018/2/7(日本時間))

対象者は早急にアップデートを行うことをおすすめします。

更新:Adobe Flash Player の脆弱性対策について(APSA18-01)(APSB18-03)(CVE-2018-4878等):IPA 独立行政法人 情報処理推進機構

 

ーーー以下は2018/2/2の情報です。ーーー

 

以下の脆弱性が報告されています。 

www.ipa.go.jp

 

 

以下のFlash Playerが対象です。

Adobe Flash Player Desktop Runtime
 28.0.0.137 およびそれ以前のバージョン (WindowsMacintoshLinux)
Adobe Flash Player for Google Chrome
 28.0.0.137 およびそれ以前のバージョン (WindowsMacintoshLinuxChrome OS)
Adobe Flash Player for Microsoft Edge and Internet Explorer 11
 28.0.0.137 およびそれ以前のバージョン (Windows 10 および 8.1)

 

リンク先で書いてある通り、修正プログラムの公開は2018/2/5(米国時間)予定です。

さらにこの脆弱性はすでに攻撃(ゼロディ攻撃)に利用されているようなので、
修正されるまではAdobe Flash Playerの利用停止なども視野にいれたほうがよさそうです。

 

以上です。

 

2018/2/3 賢帝俊来