CordovaでiOS、Androidエミュレータ起動する(苦戦記)

以下記事でCordovaの環境を作成しました。

 

kenteiblog.hatenablog.com

 

kenteiblog.hatenablog.com

 

 

 

それぞれの記事で、最後は「とりあえずブラウザ表示確認」しかしませんでした。

ただ記事内では

 cordova platform add android

 だとか

 cordova platform add ios

 だとかをやっているわけなので、きっとそれでも確認できるはず…!!

 

もちろんエミュレーター起動もできます。でもAndroidについては少しつまづいたのでご紹介。

 

1. iOSエミュレーター起動

まずはiOSから。

とはいえ、やることは単純です。

Cordovaプロジェクトのフォルダをカレントディレクトリにして、以下のコマンドを実行します。

cordova run ios 

 終わり。勝手にiOSエミュレータが起動します。

 

2.Android実機起動

Androidエミュレーターはかなり苦戦したので、まずは実機確認方法。

iOSエミュレーターとほぼ同じです。

Android実機をUSB接続し、以下のコマンドを実行します。

cordova run android

すると、実機上にアプリがインストールされます。

 

3.Androidエミュレーター起動

色々と大変です。

というのもコマンドでやろうとしていたから。(android.batやらsdkmanagerやら)
結局、Android Studioを使わないとできない(やろうと思えばできるけど、動作は保証してもらえない)ようなので、 Android Studioを利用します。

 

まず、Android Studioで適当なプロジェクトを作成します。

ワークスペースが開いたら、「Fileメニュー⇒Settings」でSettingsダイアログを開き、左方のツリーから「Appearance & Behavior ⇒ System Settings ⇒ Android SDK」を選択します。

右側にAndroid SDK Locationを設定するところが表示されるので、Android SDKのインストールディレクトリを指定します。

 

次に、「Toolsメニュー ⇒ Android ⇒ AVD Manager」を選択します。※

 

※私はここでAndroidが表示されずに焦りました。。。

そういう場合はまずGradle syncを実行してください。

 

「Your Virtual Devices」というダイアログが表示されるので、使用したいデバイス行でDownloadボタンを押し、エミュレーターをダウンロードする(何も表示がない場合は、新規で作成する必要あり)

 

あとは、

cordova run android

を実行すれば、エミュレーター上にアプリがインストールされて、表示されるはずです。

 

 

以上です。

2017/12/14 賢帝俊来