東京お台場 大江戸温泉物語に行ってみた

タイトルのとおり、
東京のお台場にある大江戸温泉物語に行ってきましたよ(^^)/

daiba.ooedoonsen.jp

 

f:id:kentei0715:20180225111419p:plain

 

 

イメージとしては、健康ランドに近いかな。
ただ、僕の知っている健康ランドと違うのは、

・館内がキレイ (これは場所によりけりだろうけど)

・浴衣の種類を選べる(帯の色も選べる)

・館内の食べるところが充実している

・おそ松がいた(これはコラボってるからだけど。コラボイベント『おんせん松さん 二番風呂』)

・風呂場と別に着替える場所がある

 

最後のは、自分の中の常識とは少し違ったので印象に残ってた。

流れとして

(1)着いたらフロントで個人ごとに鍵(リストバンド型)を受け取る

(2)浴衣と帯を選んでゲットし、奥の更衣室に進む

(3)(1)で受けとった鍵に書かれた番号と一致するロッカーを探す。
このロッカーに荷物を入れて、浴衣に着替える。

(4)更衣室の奥に進むと縁日みたいな広場にでる。
ここからの買い物は全部鍵についたバーコードで行い、あとで生産することになる。(危うく使いすぎる可能性があるシステムなので注意(笑))

(5)色々と進んでいくと風呂場にたどり着く。そこで第二の更衣室があるので裸になって風呂へと突入する。(今度のロッカーは開いている場所を使う。なので、風呂に入るときは(1)の鍵と合わせて2つ鍵を持っている状態になる。また、入口でタオルセットはもらえる。)

 

ってな感じ。
僕としては(3)から(4)の流れが「へぇー」と思う内容だった。

よくわかってない人が来たら、(3)のロッカーで裸になって縁日に飛び出していく人がいるんじゃないのとか要らぬ心配をしてみる(笑) 

いろいろと書いてはあったけど、外人の観光客も多かったみたいなので、
「銭湯についたら更衣室に入って水着もつけずに風呂へ直行するんだyo」
と勉強してきている人がいたらやらかす気がするけどなぁ。

 

温泉自体は少し塩素の匂いがするなぁという感じ。まぁあれだけ客が入ってれば塩素消毒は当たり前な気もするので気にするほどでもないが。

お湯自体は見た目きれいなので、そのあたりは安心できた。

 

あとは土曜日の15時ごろに行ったわけだけど、そこまで混んではいなかった。
ただ、18時ごろになるとフロント部分は大行列ができていたので注意が必要かも。(帰りの清算のところも並んでいるので注意(´・ω・`))

 

以上です。

 

2018/2/25

賢帝俊来