Vagrantで簡単にCentOSを立ち上げよう1

※はじめに注意
本記事は、Vagrantの構築を説明していきますが、VirtualBoxを利用するといった特徴上、Docker for Windowsなどとの併用はできません。(Hyper-VVirtualboxの併用が不可能なため)

 

主題のとおりです。

ローカルでサーバーを立てて確認したい時がある時、たいていの場合はVMにOSインストールして、yumやらapt-getやらで必要なものを追加してサーバー環境を作っていくと思います。

 

・・・面倒ですよね(+_+)
しかも、なんか失敗して動かなくなると、いろいろと調査して問題原因を調査したり、
最悪のケースだと削除してインストール作業やり直しとか…困ります。

 

というわけで、サクッと環境が作れて、さらにサクッと消せて作り直せる機構が欲しくなります。その要望をかなえてくれるのがVagrantです。

 

導入の流れは以下のとおりです。

  1. VirtualBoxを導入する。
  2. Vagrantを導入する。
  3. 設定ファイル(Vagrantfile)を作成する
  4. initファイルを用意する(任意)
  5. コマンドをたたく

とりあえず、今回はVirtualBoxのインストールをやっていきましょう。

 

1. https://www.virtualbox.org/ にアクセスすると、以下のページが表示されるので、中央の「Download VirtualBox」ボタンを押します。

f:id:kentei0715:20171126005556p:plain

2. 以下のページが表示されるので、自分のOSにあったものを選択します。(私はWindowsをホストとするので、Windows hostsを選びます。)

f:id:kentei0715:20171126010045p:plain

3.インストーラーがダウンロードされたら、起動します。以下のような表示が出るはずなので、Nextボタンを押します。(もちろんversion表示は異なると思います)

f:id:kentei0715:20171126010203p:plain

 

4. Nextボタンをクリック

f:id:kentei0715:20171126010220p:plain

 

5. Nextボタンをクリック

f:id:kentei0715:20171126010248p:plain

 

6. 「一時的にネットワークが切断されるよ」という警告。インストールするときに一度切断されるのは仕方がないのでyesを選ぶ。

f:id:kentei0715:20171126010315p:plain

 

7. Installボタンをクリックする

f:id:kentei0715:20171126010718p:plain

 

8. 接続用のドライバーをインストールする必要があるので、インストールしておく。

f:id:kentei0715:20171126010750p:plain

 

9. 下記の画面が出ればインストール完了です。

f:id:kentei0715:20171126010840p:plain

 

今日はとりあえず以上。

明日はVagrantを導入します。

 

2017/11/26 賢帝俊来