Vagrantで簡単にCentOSを立ち上げよう2

※はじめに注意
本記事は、Vagrantの構築を説明していきますが、VirtualBoxを利用するといった特徴上、Docker for Windowsなどとの併用はできません。(Hyper-VVirtualboxの併用が不可能なため)

 

前回記事の続きです。

kenteiblog.hatenablog.com

 

導入の流れは以下のとおりです。

  1. VirtualBoxを導入する。
  2. Vagrantを導入する。
  3. 設定ファイル(Vagrantfile)を作成する
  4. initファイルを用意する(任意)
  5. コマンドをたたく

今回はVagrantのインストールをやっていきましょう。

 

1. https://www.vagrantup.com/  にアクセスすると、以下のページが表示されるので、中央の「Download」ボタンを押します。

f:id:kentei0715:20171126101806p:plain

 2.以下のページが表示されるので、自分のOSにあったものを選択します。(私はWindows64bitをホストとするので、Windows 64bitを選びます。)

f:id:kentei0715:20171126102043p:plain

3. インストーラーがダウンロードされたら、起動します。以下のような表示が出るはずなので、Nextボタンを押します。(もちろんversionにより表示は異なると思います)

f:id:kentei0715:20171126102147p:plain

 

4. ライセンスチェックです。「I accept the terms…」にチェックを入れて、Nextボタンを押します。

f:id:kentei0715:20171126102241p:plain

 

5.Nextボタンを押します。

f:id:kentei0715:20171126102331p:plain

※HashiCorpって? と疑問に思った方はこちら。

thinkit.co.jp

 

6. Installボタンをクリックします。

f:id:kentei0715:20171126102601p:plain

 

7. Finishで終わりです。

f:id:kentei0715:20171126102632p:plain

 

コマンドプロンプトを開いて、「vagrant -v」を打ち込んでVagrantのバージョンが表示されれば成功です。

 

今日は以上です。次回はVagrantfileを作っていきます。

 

2017/11/27 賢帝俊来